タミフルとリレンザの作用機序から見る違い

タミフルとリレンザはいずれもノイラミニダーゼ阻害薬に分類されるインフルエンザ治療薬であり、インフルエンザ患者が生じた際にはまず使用されるものとなっています。使用に際しての注意事項には似通った面があり、発症から48時間以内に使用を始めることが効果を表すのに必要とされ、その治療効果として発熱期間を1日から2日程度短くすることができるとされています。これは作用機序がいずれもインフルエンザウイルスの持つノイラミニダーゼを阻害するというものであることに由来しています。タミフルもリレンザも作用機序という点では共通しており、ノイラミニダーゼを阻害することによって、インフルエンザウイルスが感染した細胞から脱出できなくしてしまい、増殖するのを防ぐことができるというものです。しかし、実際にはノイラミニダーゼを阻害するという点をさらに細かく見ると違いがあります。タミフルの有効成分とリレンザの有効成分とでは化学構造として異なる分子が用いられており、それゆえに有効成分とノイラミニダーゼとの相互作用の様式が異なります。そのため、タミフル耐性のインフルエンザウイルスに対してリレンザが有効であったり、その逆の現象が起こったりすることがあるのです。ノイラミニダーゼ阻害薬という大枠で考えれば同じ治療薬に見えてしまうのがタミフルとリレンザですが、もっと細かな点に注目すると作用機序に違いがあり、それがこの二つの治療薬の違いを生み出していると言えるのです。他のノイラミニダーゼ阻害薬についても大枠は同じであっても相互作用の起こり方が違うため、インフルエンザウイルスに対する有効性では個々に微妙な違いが生じてくることになるのです。