リレンザは予防投与だと保険適用外

リレンザはノイラミニダーゼという糖タンパク質の酵素を阻害することで、インフルエンザウイルスの増殖を防ぎ、症状を緩和するインフルエンザ治療薬となっています。
ザナミビル水和物を主成分にして、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類することから、治療薬だけでなく予防用に使用されることも多い薬です。
リレンザの特徴は形状が吸入タイプであること、喉の粘膜から瞬間的に吸収されて効果が発揮される即効性、持ち運びがしやすい、水を使わずに必要な場所で適宜使用できるという、予防薬としての使用に適したものです。
ただし、一般医薬品ではなく医師の処方が必要となる薬なので、購入するためには、医者に処方箋を書いてもらう必要があります。
加えて予防のために薬を購入する場合は、一部の条件を除いて、保険が適用されずに自由診療として全額実費となることから、診察代や処方箋代などを含めて、およそ6,000円前後の費用が必要になります。
リレンザなどの抗インフルエンザウイルス薬は、一部の条件が合致すれば保険適用で処方してもらうことも可能ですが、その条件は厳しく、「家族にインフルエンザ患者がいること」「高齢者または、感染に対する基礎疾患がある人」のみで、感染する可能性が高いハイリスクな患者のみとなっています。
条件が合えば安く購入することもできますが、残念なことに合致するケースは稀なため、ほとんどは全額自己負担になるでしょう。
医者の方からも費用面や耐性菌のリスクから、抗インフルエンザウイルス薬での予防は推奨しておらず、ワクチンによる予防接種がすすめられています。
インフルエンザの予防も大切ですが、無理に購入せず、予防接種を受けるか感染後に保険を使って処方してもらうほうが、経済的にもお得だと言えます。

●購入と口コミ・評判を見るなら
インフルエンザ 治療
●治療薬を比較してみるとわかりやすい
リレンザの副作用についてはこちら